東京でも安いけど危険な医療脱毛というのはありますか?

医療脱毛は施術法が単純なだけにトラブルの起きにくい医療です。

安いからといって危険とは限りません。

ただし危険に結びつくような“あり得るケース”が東京でも起きています。

紹介しておきましょう。

■強力な出力なので肌質には注意が必要。

医療脱毛で医師免許のある医師が使っている脱毛マシンというのは、レーザーの出力が非常に高いものです。

安いクリニックだから出力が弱いということはありません。

肌の弱い人は、医師の見立てによって照射時間や日程を調整し肌にトラブルが起きないように万全が期されます。

しかし脱毛希望者がわがままを言って無理な脱毛を依頼してしまったり、医師がそれに応えて、危ないと分かっていても一線を越えた脱毛処理をしてしまうことで、肌への危険度は増します。

■まず利用者が無理を言わないことが大事。

医師が未熟というケースはごく稀ですが、東京でも無謀な利用者の脱毛依頼に応えてしまった結果、施術後の肌の腫れがひどくなったというケースはあります。

夏場前は脱毛希望者が殺到するクリニックもありますから注意しましょう。

希望者がまず無理を言わないこと。

繁忙期になる前の春先や冬場に済ませておくこと。

この2つを厳守すれば危険は回避できます。

<こちらもcheck>・・・http://josei-bigaku.jp/datumousaiteki9966/

駆け込み脱毛は厳禁です。

■医療脱毛は他の外科的手術にくらべて危険な度合いが少ない施術です。

医師の上手下手であまりトラブルになることはありません。

東京でもどこの医療脱毛でも、「あそこのクリニックは安いけれど危険だから行くな」というようなところはありません。

他の病気の外科的な手術と違って、脱毛は施術自体が単純で失敗がないからです。

脱毛効果もほとんどは機械の性能によるものです。

医師はその操作方法と一定の医学的知識があれば、問題なくやりこなせます。



Comments are Closed